第12回 アジア太平洋都市サミット

基本情報

概要

アジア太平洋都市サミットは、1994年に福岡市が提唱・設立した国際首長会議です。都市が直面する様々な問題を共有し、その解決に向けた都市間ネットワークを構築・拡大する場として、これまでに福岡市をはじめアジア太平洋地域の各会員都市で開催されてきました。
福岡市と国連ハビタット福岡本部が共同開催した第12回都市サミットには、「住み続けられるまちづくり」のテーマのもと、アジア太平洋地域の都市リーダーのほか、世界銀行やアジア開発銀行をはじめとした国際機関、優れた技術を有する企業など、総勢で400名以上が参加し、持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえた都市問題の解決に向け、先進的な知見の共有や活発な議論が行われました。

空間ソリューション

各国からの代表が集う都市サミット。
空間づくりでは、おもてなしの精神で気持ちよく滞在していただけるよう、誘導を含めたサイン配置計画を綿密に行いました。また、来福された方々に福岡の魅力を訴求するため、デザインに関してはキービジュアルをもとに、福岡の誇る主要スポット写真を散りばめながら各グラフィックを構成しました。メイン会場では、施設のドレープなどを活用し光演出を行い、アジア太平洋のエキゾチックで華やかなイメージを醸成させる空間デザインを心掛けました。

関連実績/事例

展示会ブース

第56回 日本癌治療学会学術集会
ヤクルト本社ブース

展示会ブース

日本整形外科学術総会
日本シグマックスブース

プライベートショー

PHOTON FAIR 2013

案件のご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
PAGE TOP