観光ARアプリ[岡城時空散歩 ARガイド]

基本情報

観光ARアプリ[岡城時空散歩 ARガイド]画像

概要

大分県竹田市にある国史跡「岡城跡」の広さは実面積でおよそ100万㎡に及び、東京ドーム(46.755㎡)の22個分に相当します。岡城は川岸からそそり立つ姿から「難攻不落」と言われた天然の要塞でした。岡城は文治元年(1185年)に築城されたとされ、幾度も争いや火災などに見舞われながらも明治7年(1874年)に取り壊される時まで、竹田の地にあり続けました。今も当時の隆盛を思わせる石垣がそびえ立っています。

「岡城時空散歩 ARガイド」は、岡城を歴史散策するためのナビゲーションシステム。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)などのIT技術を活用し、かつて岡城にあった建物を擬似的に再現し、姿を重ね合わせて展示することで、岡城本来の姿を国内外の観光客を含む登城者に体感してもらうことが大きな目的です。また、岡城跡の随所に設置したARマーカーと連動し、岡城に来なければ得られない体験を提供します。

課題/テーマ

竹田市から提示された課題は岡城を見学する観光客を増やすことでした。観光客の利用を高めることを主眼として、岡城のアプリは必ず使ってもらうことを第一に目指し、開発しました。

デジタルソリューション/実現策

竹田市「再生まちづくりプロジェクト」のにぎわいを創出させるコンテンツとして観光ARアプリの導入を計画しました。広大な敷地を有する岡城見学の情報を整備するには、外国人を含めた観光客の増加に不可欠な基本的な整備から、見学に付加価値を与えるエンターテインメント的な要素までさまざまなものが考えられ、これらに優先順位を付けて、整備していくことが望ましいと考えました。
主に基本的なサイン整備(看板・案内板・標識)、外国人観光客への対応、魅力ある見学コースの整備などにおいてARやVRなど最新システムを導入し、また誰でも簡単にSNSが利用できるデジタルマップを設置しました。28カ所のコンテンツはすべて細部まで作り込み、利用者の現在地やマーカーポイントの位置などを明確にする機能を設け、使いやすくしました。

観光ARアプリ[岡城時空散歩 ARガイド]画像
観光ARアプリ[岡城時空散歩 ARガイド]画像
観光ARアプリ[岡城時空散歩 ARガイド]画像
観光ARアプリ[岡城時空散歩 ARガイド]画像

関連プロジェクト/事例

複合施設

竹田市歴史文化館・由学館 リニューアル

博物館

みやこ町歴史民俗博物館
常設展示 リニューアル

プライベートショー

PHOTON FAIR 2018

ショールーム・オフィス

東芝テック株式会社 TEC 01 SIGHT

案件のご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから
CONTACT
PAGE TOP