みやこ町歴史民俗博物館
常設展示 リニューアル

基本情報

概要

当博物館は、みやこ町の各遺跡から出土した遺物や豊前国府・国分寺、豊津藩の関連資料など一万点を超える歴史的資料を所蔵する施設です。
新たに夏目漱石の門下生で小説「三四郎」のモデルでもある、同町出身の小宮豊隆氏の記念展示室を新設し、小宮氏の人柄、人生、業績を貴重な漱石関連の資料とともに紹介するなど、常設展示のリニューアルを行い、みやこ町の「人」「歴史」「自然」をあますことなく伝える博物館へと生まれ変わりました。

空間ソリューション/解決策

当社は、企画、設計、施工のほか、ロゴマーク制作、印刷物制作など、幅広く携わりました。「より一層、来る人に優しい施設」をコンセプトに、ユニーバーサルデザインの考えを取り入れ、子どもや車椅子利用者でも展示物を無理なく見ることができる展示台の高さや形状、グラフィックの文字サイズを計画しました。そして、来訪者に反応して作動するシステムや、「小宮豊隆記念展示室」の見附什器内の本に投影したプロジェクションマッピングなど、最新の技術も効果的に取り入れ、より今日的な博物館を目指しました。

案件のご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
PAGE TOP