興福寺 国宝館 リニューアル

基本情報

概要

興福寺創建1300年/国宝館開館50年を期して「生まれ変わった国宝館」として、展示空間を全面リニューアルしました。
天平彫刻を代表する阿修羅像を含む八部衆と十大弟子像、運慶作として注目を集める釈迦如来像頭部と化仏・飛天など数々の国宝・重要文化財を贅沢に展示。
仏像の本来あるべき姿の再現を心がけ、心地よく仏像と対峙できる空間創りを目指し、全体を通じて極力「線」を排し、自然な奥行きの中、信仰の対象である仏像を展示しました。
そして仏像本来の姿・表情を表現する、立体的な照明演出を行いました。

関連実績/事例

博物館

国立民族学博物館
本館展示場[南アジア・東南アジア]新構築

アート展

文芸提灯展 言ノ葉の灯

資料館

仙台市水道記念館
[水と環境・仙台市水道のあゆみ・水道のしくみゾーン]リニューアル

案件のご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
PAGE TOP