What’s Japanization of Space Design?
It is not just language translation but the whole transformation process of designing after taking various conditions such as social system, distribution of industrial products, culture, etc. into consideration. Japanization is the designing aimed for the targets in Japan, and Fujiya is specialized in it.


空間デザインにおける”日本化設計“
言語だけの変換ではなく社会の仕組みや工業製品流通、そして文化など、多種多様な背景を取捨選択して、日本のターゲットに合わせた設計を行うことを意味します。そして我々フジヤはこの「日本化設計」を得意としています。

Point 1: Japanizing the Material Sizes
In Asia and Europe, the metric measurement system is used whereas in the U.S. the imperial measurement system. In Japan the metric system is usually used. There are still cases, however, where Japanese traditional measurement system of “shaku” is used. It is sometimes necessary to employ shaku measurements in order to use Japan’s local construction materials. Otherwise, we simply cannot execute construction works.
 


Point 2: Difference in Rules of Building Standards Act
Japan’s Building Standards Act is stipulated by the central government and enforced by local government offices.  The rules are very minute and concrete, and they are LITERALLY enforced in its strict sense.  In many foreign countries, the building standards act requires a certain level of performances rather than concrete specifications as in Japan.  In case of such performance oriented rules, there is bigger freedom in designing.  In Japan also, the performance oriented rules were partly adopted from 20 years ago, but the rigid rules with concrete specifications are still the mainstream.  It is therefore important in designing structures in Japan to understand the performance oriented rules and Japan’s rigidly stipulated rules in construction materials at the same time.
 


Point 3: Designing of Earthquake Proof
Japan is undoubtedly one of the most frequently earthquake attacked countries.  In space design, the counterplan for earthquakes is necessary.  It contributes to the safety during and after the construction.  In Japan excellent earthquake proof technology has been developed, and it must be employed to secure safety.
 


ポイント-1 スケール・部材の日本化
アジア・ヨーロッパはメトリック表記が標準ですが、米国はインペリアル表記を使用します。日本では通常メトリック表記が使われていますが、日本の建築部材や各地域の建築工事では依然として尺スケールを基準としている部分も多くあります。そのようなドメステックスケール・部材にグローバルデザインを変換する事が必要になります。そうしなければ、日本で施工できないからです。
 


ポイント-2 「建築基準法」におけるルールの違い
日本では、「建築基準法」という法律が、詳細な規制や具体的なスペックについて、行政機関が定める政令・省令等に委任する形で、総合的な構造を設けています。諸外国の規制方法は、一定の性質を要求し、具体的な設計方法は裁量に委ねるという、いわゆる「性能規定」を求める傾向にあります。「性能規定」の方法は、設計方法自体には自由度があるため、素材好みの設計やデザインを追及しやすくなっています。日本も20年前に「仕様規定」から「性能規定」に変化しました。しかし、まだまだ仕様製品での展開が主流となっている事実があります。性能規定における考えを理解し、日本の仕様規定をベースにした建築資材知識も合わせて設計を進める必要があります。
 


ポイント-3 耐震計画の考慮
日本が世界でも有数の地震国であることは、疑いのない事実です。空間デザインであっても日本での設計では地震対策を行わなければなりません。これは同時に、施工中の安全性や構造の健全性を確保することにもつながります。日本においては、日本の優れた耐震技術で、空間の安全を担保しなければなりません。
 



3Dキャド

Designers who are capable of and used to various 3 dimensional software.

様々な3Dソフトに対応できる設計スタッフを保有

特殊造形技術

Sub-contractors specialized in various kinds of molding technology throughout Japan.

全国(北海道~九州まで) 製作・施工協力会社を確保

選任チーム体制

A team will be formed to carry out the assigned responsibilities.
*Class 1 architect office

ワンストップ体制で規模に応じた推進管理者を配置し、チームを結成可能
※一級建築士事務所

多言語

Not only in terms of language like English/Chinese but also technical terminology of architecture and molding.

英語・中国語 建築・造形という特殊表現の知識を持った通訳・翻訳対応可能


Company overview

 
Company name : Fujiya Co., Ltd.
Representative : Tomoyuki Nagata, President and CEO
Operation start : March 1928
Founded : June 1960
Capital : 95 million yen
Sales : 17.4billion yen(FY 2018)
Fiscal term : March
 


会社概要

 
名称 株式会社 フジヤ (Fujiya Co.,Ltd.)
代表者 代表取締役社長 永田智之
創業 : 1928(昭和3)年 3月
設立 : 1960(昭和35)年 6月
資本金 : 9,500万円
売上高 : 174億円(2018年度)
決算期 : 3月
 


 
Hulic Toyosu Prime Square 3F,
5-6-36, Toyosu,
Koto-ku,
Tokyo
135-0061

 


 
〒135-0061 東京都江東区豊洲5-6-36
ヒューリック豊洲プライムスクエア 3F

TEL.(03)5548-2811
FAX.(03)5548-2821
MAIL.tokyo@fujiya-net.co.jp