企業情報 CORPORATE INFORMATION

  • 会社概要
  • ニュース
  • 営業拠点
  • 沿革

ニュース

2011/12/15
第7回クリエイティブコミュニケーション実施報告

当社クリエイティブ事業部では、全国の企画部門社員と外部ブレーンとの交流の機会を設け、より専門的な知識を修得することを目的に、「クリエイティブコミュニケーション」を開催しています。
毎回、建築家やデザイナーなど各業界で活躍している方を講師としてお招きし、講演をしていただいています。
今回は、11月11日(金) 東京現代美術館にて開催いたしました。
講師には、資生堂クリエイティブディレクターの檜原由比子先生をお招きして、「空間を創り出すイメージの世界」と題し、資生堂のウインドウディスプレイのデザインはどのように構想され創り出されたのか、ご自身の作品を通してイメージの創り方などをお話していただきました。

2011/11/11
11月4日、社員・協力会社様と共に、「東京デンタルショー2011」の施工現場の巡視(安全パトロール)を実施致しました。
詳細はこちらへ。

※巡視とは・・・
  当社の安全管理室を主体として、社員・協力会社様と共に定期的に職場の安全パトロールを実施、危険な状態や行動を監視し、
 是正及び改善を図り、より安全で安心な職場環境を整える重要なパトロールです。
2011/10/01
後期安全キャンペーンのお知らせ
実施期間:平成23年10月1日(土)~11月15日(火)

当社は、社員・協力会社様と共に安全第一・災害ゼロを目指し、前期・後期の年2回標語を定め、
安全衛生強化の安全キャンペーンを実施しております。
期間中は展示会場や社内にキャンペーンポスターを掲示し、ノベルティー配布を併せて行い、
重点的に啓蒙活動を行っております。
2011年度後期安全キャンペーンの標語は、「一人ひとつの安全意識で、守ろう命!」です。

-標語説明-
厚生労働省では、東日本大震災の被災者の就労支援、雇用創出を促進するため
「日本はひとつ」しごとプロジェクトが推進されています。
震災の教訓、日頃からの危険予知活動がいかに大切かを忘れてはなりません。
今回の標語には、そのような意味合いも込めて、「ひとつ」のワードを標語に含めました。
仕事が過密で心の余裕がなくなるとき、事故は起こります。普段より「ひとつ」多い心掛けで、
より安全・安心な環境をつくりましょう。

-ポスターデザインコンセプト-
ハートをモチーフに標語の「命」を表現し、人々の安全意識を大小様々なハートで訴求しております。

2011/07/12
弊社ホームページをリニューアル致しました。
2011/05/02
東京本社が新しいオフィスに移転致しました。
新しい住所はこちらへ。
2011/03/24

このたび東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられた皆様におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

当社、仙台支店におきましては直接の被害を受け、3月11日当日夕方に社員と連絡が取れ、
ご家族を含め全員無事との安否確認ができました。また、他の社員に おきましても安否確認が取れ全員無事ではありましたが、
ご両親の安否が確認できない、ご実家が被害を受けた等の社員が数名いる事が判明致しました。
さらに、当社協力会社におきましても、東北、関東地方の一部で工場、倉庫が損壊するな どの被害を受けた会社もありました。
この様な惨事を受け、当社としては、当該 社員に対する救援物資の手配、見舞金などをもって対応することと致しました。
あわせて、当該協力会社に対し、製作工場の代替や施工現場の二次災害防止に向 けての対応をしております。
また、節電のため、全社にて不要不急の電力使用を 削減しながら通常通りの業務を行なっております。

被災されました方々の一刻も早いご無事をお祈りすると共に、一日も早く復興の 手が届きますことを心より願っております。

2011/01/01

今年の年賀状デザインのコンセプト

時にはじっと待つこと、走ること、飛び出すことも必要です。
どんな時でも気持ちと行動を見極めながら行動するのも大事だということを
気持ちの移り変わりを淡いカラーで表し、行動をピクト化したウサギで表現致しました。

東京本社 クリエイティブ事業部
デザイン設計室
デザイナー 櫻井 里子

2010/12/20
2010 ディスプレイ産業奨励賞を東京本社クリエイティブ事業部の中郡伸一が
「興福寺 国宝館リニューアル」で受賞。
2010/07/21
創業以来の当社監査役 野口敏雄は、2010年7月19日、享年103歳の天寿を全うし永眠いたしました。
2010/01/01

今年の年賀状デザインのコンセプト

寅年の「トラ」をドラ焼きの「ドラ」とかけて表現しました。
甘い“あん”の代わりに、アイディアの“案”が詰まった「トラ焼き」をイメージしています。
このトラ焼きの中にはおいしい“あん”がぎっしり詰まっています。
“あん”の一粒一粒は、私たちが提案するアイディアです。