企業情報 CORPORATE INFORMATION

  • 会社概要
  • ニュース
  • 営業拠点
  • 沿革

沿革

1928(昭和 3)年3月
京都市上京区東堀川椹木町に初代社長・中川万次郎、二代目社長・永田浅三郎、
三代目社長・山口萬吉によって、合資会社富士屋貸物店を創業。
11月
昭和天皇即位式の設営に参加。
1929(昭和 4)年
店舗の近くに倉庫を設置。
1931(昭和 6)年
祇園甲部歌舞会の商真会に入会、都をどりを設営以後、現在まで継続。
1933(昭和 8)年
店舗、倉庫を中京区東堀川通(現京都ビル)に全面移転。
1939(昭和14)年
京都貸物商組合が発足。
装飾貸物を営業品目として神社仏閣祭典、展示会、園遊会の設営、
百貨店及び各商店の広範囲な装飾を行い事業の伸展をはかる。
戦後、経済の発展とともにディスプレイ業界の成長期を迎え、多店舗化を推進。
1949(昭和24)年2月
初代社長、中川万次郎 逝去 社葬を執り行う。
1951(昭和26)年
京染展示会が東京美術倶楽部で開催、東京地区での戦後初受注。
1953(昭和28)年
大阪・神戸地区での戦後初受注(呉服展示会)。
1954(昭和29)年10月
東京店(現東京本社)開設。
1957(昭和32)年5月
大阪店(現大阪事業所)開設。
1960(昭和35)年3月
名古屋店(現名古屋支店)開設。
6月
企業の近代化を目指し株式会社フジヤを設立。
取締役社長に 永田浅三郎 就任。
1961(昭和36)年1月
横浜店(現横浜営業所)開設。
1962(昭和37)年9月
福岡店(現福岡支店)開設。
1968(昭和43)年3月
フジヤ創業40周年記念行事挙行。
11月
神戸営業所開設。
1969(昭和44)年6月
取締役社長に 山口萬吉 就任。
1973(昭和48)年7月
仙台店(現仙台支店)、広島店(現広島支店)を同時開設。
1974(昭和49)年6月
シンガポールで開催されたSITEMA'74にて初の海外受注。
1977(昭和52)年9月
札幌店(現札幌支店)開設。
1978(昭和53)年3月
フジヤ創業50周年記念行事挙行。
1984(昭和59)年6月
取締役社長に 永田祐一 就任。
1988(昭和63)年3月
創業者、永田浅三郎 逝去 社葬を執り行う。
9月
フジヤ創業60周年記念・京都ビル竣工。
1989(平成元)年4月
システマチックな方法論を持った、エキジビション関連の総合リース業をめざし、
株式会社ボックス・ワン(東京)、株式会社ボックス・ツー(大阪)を設立。
1990(平成 2)年1月
グループ全社員によるマレーシア海外研修を実施。
9月
関西文化学術研究都市内のハイタッチリサーチパークにフジヤHRセンター竣工。
1991(平成 3)年2月
三代目社長 山口萬吉 逝去 社葬を執り行う。
1995(平成 7)年5月
取締役社長に 永田光夫 就任。
1998(平成10)年3月
フジヤ創業70周年記念行事挙行。
1999(平成11)年5月
取締役社長に 永田智之 就任。
2000(平成12)年4月
四代目社長 永田祐一 逝去 社葬を執り行う。
2004(平成16)年12月
ISO14001認証取得(全国13拠点)。
2007(平成19)年12月
関西文化学術研究都市内、ハイタッチリサーチパークのフジヤHRセンターは
当初の目的を達成し閉鎖。
2008(平成20)年3月
フジヤ創業80周年記念行事挙行。
4月
組織・機構改革に伴い、東京本社・大阪事業所として開始。
本社(京都)、東京本社の2本社制とする。
7月
創業80周年記念事業の一環として、全社員によるグアム海外研修を実施。
2009(平成21)年6月
特定建設業の許可取得。
2012(平成24)年9月
プライバシーマーク認証取得。
2015(平成27)年7月
にぎわい空間研究所を設立。
2016(平成28)年12月
海外現地法人シンガポール「FUJIYA INTERNATIONAL(S)PTE.LTD.」を設立。